トイレを交換した方がよい水漏れもある

自分で作業するか業者に依頼するかさまざまなケースがありますが、トイレの水漏れは修理で解決できる場合も多いです。しかし、中にはトイレの交換が必要なケースもあります。

■業者に依頼するかどうかの判断基準

温水洗浄便座の水漏れは、自分で直すことはできません。水道修理の業者に依頼する必要があります。
ナットの締め込みが緩いときの増し締めは自分でもできますが、ナットをしっかり締め込むのは意外に難しいものです。トイレが狭い場合には、簡単な作業も難易度が上がります。自分でできる範囲かどうかよく検討し、臨機応変に対処することが大切です。
便器と床のすき間から水がにじみ出ているときは、修理の際に便器を外す必要があります。また、修理には特殊な部材が必要となります。
排水管 水漏れは対処が遅れると、床張り替える必要が出てきます。2階にあるトイレの排水が天井から1階に漏れている場合は、天井の張り替えも必要になってしまいます。気づいたらすぐに業者に連絡して対応してもらいましょう。

■トイレ交換が必要な水漏れとは

タンクや便器の破損が原因の水漏れは、修理ではなく交換が必要になります。タンクのフタだけ、タンクだけ、便器だけが破損した場合、タンクとトイレを組み合わせて使う組み合わせ型便器では、タンクだけ、便器だけの交換も可能です。
設置して間もない場合、一部の部品だけの取り寄せが可能なこともありますが、手に入らないときはトイレ全体の交換を業者から勧められることもあります。タンクと便器、温水洗浄便座がセットになった一体型便器を設置すると、手に入りにくいパーツを探すよりも早く修理に着工できます。さらにトイレの性能を最新のものにできます。

■まとめ
水漏れに気づいて慌ててしまい、検討外れの対応をしてしまう人も少なくありません。排水管 水漏れのように被害が大きくなりがちなトラブルや、便器・タンクの破損などトイレ交換が必要になるケースについては、すぐに専門業者に依頼することがポイントになります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ