トイレタンクの水漏れを解決する方法

一般的な家庭用洋式トイレは、水を貯めておく部分があるかどうかで、大きく2種類にわけられます。
水道の水を貯めずに直接流すタンクレストイレは、従来型に比べ価格がやや高めなものの、コンパクトで掃除がしやすいことから人気が高まっています。現在主流のタンク付きトイレは、シンプルな構造で故障が少ないことがメリットです。

■タンクの水漏れが特に起きやすい理由

タンク付きトイレは、自動的に水を貯めたり流したりできるようになっています。手洗いのあるタイプでは、手洗い管から水を出す仕組みもあります。水漏れはこれらの仕組みがうまく機能していないために起こるトラブルのひとつです。タンク内部にはさまざまな部品があり、部品の劣化による水のトラブルが起こりやすくなっています。
タンク内のゴミや汚れも、水漏れや便器の黒ずみ、臭いなどの原因になります。汚れを防ぐには、重曹や中性洗剤などを使い、1カ月に1度のペースで掃除をするのが理想的です。専用の洗浄剤を使うのもよいでしょう。

■タンクからの水漏れを解決する方法

給水管との接続部分などタンク外部からの水漏れは、気づきやすく、原因の特定も簡単です。接続部分が緩んでいないかどうか確認し、緩んでいる場合は締めて様子をみます。それでも解決しない場合には、パッキンの交換が必要です。
タンク内部に原因がある場合は、原因の特定が難しいことも多いものです。フタを開けてみても原因がわからないときは、すぐに水道修理の業者に依頼しましょう。原因がわかった場合でも、手に負えないと感じたら、業者に相談することが大切です。

■まとめ
タンク内の掃除は、水漏れだけでなく、黒ずみを防いで便器内を清潔に保つのに役立ちます。手洗いのあるタイプなら、フタをあけなくても、手洗い器の穴から重曹や専用の洗浄剤を振り入れることで、手軽に掃除ができます。これまで掃除をしたことがない方も、掃除を検討してみましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ